IT

ISO27001で情報を守り抜け!【顧客からの信頼度もUP】

国際的な規格

オフィス

ISO9001は国際標準化機構が定義し提供している、品質管理システムの国際規格です。取得するためには、顧客の要求を満たすための商品やサービスを提供するためのプロセスを構築したうえで、プロセスを文書化して承認された活動の記録を残す必要があります。

もっと読む

品質維持に関する公式評価

システム

ISO9001認証はその取得によって、品質に関する取り組みが正当に行われている事を対外的に示す事ができるというメリットが挙げられます。こうした認証は、現代の品質に関する安全性を重視する動きに応える形で設立されており、有効性、プロセス、現場という3つの主な面から検査がされています。

もっと読む

守るべき情報

男性女性

トラブルを避ける事が出来る

国際規格の一つとして知られているのが、ISO27001です。仕事を発注する際には、企業や社員の情報が漏えいするという危険が伴います。また、それらを盗み出そうと悪だくみをしている業者も少なからず存在するのが現状です。このISO27001がある限り、そうしたトラブルを避ける事が出来るのです。顧客が安心して仕事を依頼出来るように、信頼性を大事にしている業者は必ずと言って良いほど取り入れているのです。また、顧客が利用する業者を考える際に、この国際規約があるかどうかで判断している場合している事も珍しくないのではないでしょうか。

主に4つは揃える必要がある

ISO27001を取得しようと思ったのであれば、まずは企業や社員においてどのような情報があるのかを見定めます。全ての情報を守るのではなく、漏えいすると大きな損害が発生する可能性があるものだけです。そして、どう守れば盗まれないのか対策を練っていきます。それをマニュアル化し、本格的な実地を行っていきます。そうする事で記録が残るので、ISO27001を取得する事で審査を受けます。また、揃えるマニュアルはいくつか存在します。まずはISMSマニュアル、次に運用マニュアルです。情報を守る為の流れなどが記載されており、対策において基盤となるでしょう。それから適用宣言書や帳票類も必要不可欠です。主に4つは揃える必要があるので、しっかりと確認しておきましょう。

世界で認知されている規格

スーツの男女

ISO9001とは、お客様の満足度を得るための製品やサービスを提供するために構築する、品質管理システムの国際規格です。取得を目指す会社は、要求事項を満たすことだけを考えるのではなく、実用的なシステムを作ることが大切です。品質を管理するプロセスを明確にして、実施しながら評価をし、改善を加えていくことが大切です。

もっと読む